頭の中がごちゃごちゃで非効率常態での仕事

「精神をコントロールする意識をもたないと、私たちの精神は外界の出来事に連動して、むだに無意味に動いてしまう。------------------外界との連動をいったん遮断し、意識的に意識の対象を一つの対象に向けないと、私たちは壮大な無駄な時間を過ごしていることになる。-------------------------われわれの日々の生活の多くの時間は、空想や追想の断片や心地よい根拠のない願望、あやふやで未熟な思いつき、といった脈絡のない、とるにたらない思想に費やされている」
ー仕事ができる人の習慣

 8時に目が覚め布団の中でスマホタイム。2chをダラダラとみる。9時起床。朝支度をし、10時にゲオにいきCDの返却。返却したCDは、ユーミンのベストとglobeのベスト。そのまま会社へ向かう。途中、コンビニにより昼食の購入。クリームパスタを買う。朝、ゆったり過ごせたので精神はちょい回復。だが土曜日も出社して、くそつまらない仕事をすると思うと急に腹立たしく感じる。
 製品2つの施工図を書く。1つあたり3時間かかった。作図中にも電話が鳴り、仕事が増えていく。土曜日に仕事をしても消化しきれない。送られてくる話もだんだん個人で対応できるレベルではなくなり、どうしたらよいのか悩む。考えただけで気がめいってしまう。最近は、仕事でわからないことが増えてきた。時間の限られた中どう対応すればいいのかわからない。
 17時以降は細かい仕事を片付ける。20時退社。車の中で気晴らしの仕方を考える。街へ遊びに行くのが一番かなと考える。しかし街はどこにある?面白い人がいなかなー。いればぜひ模範したい。
 家に帰り、ご飯を食べ、クロ現「電力問題」を見る。グリーンエネルギー、送電網の問題。この日記をかいて気付けば23時。電験の勉強をあきらめ就寝。今週は勉強時間がゼロだった。どんなに仕事が遅くなっても、勉強する意気込みでないと勉強ができない。

スポンサーサイト

コメント