微分

距離を微分すると、速度が求められる。

接線の傾きが、速度である。


距離のグラフは、横軸に時間、縦軸に距離となっている。


接線の傾き=距離/時間=速度となる。


打ち上げ花火の最高到達点は、微分で計算すると楽に求めることができる。


打上げた後、速度が0になったときが最高到達点となる。


自己評価

自分はだめな人間だという思い込みは、多くが幼児体験に根ざしていて、以来ずっと養われつづけ身についたものであるだけに、そこから簡単に抜け出せないことも理解できます、

人生にゆとりを生み出す 知の整理術 pha

はじめに

・勉強 習慣の力、ゲーム感覚、楽しいことだけ

・環境 門前の小僧習わぬ経を読む

・文化資本 周りの環境

・自分の意志で環境を変えていく

・思考、言葉、行動、習慣、性格、運命

・メタ視点 もう俺は死んでいて今はボーナスステージにいる

・ゲーム感覚 達成感 効果音 メダル ログインボーナス 競争感 > ご褒美 紙を丸めて捨てる

・勉強は学びの型をつくる

・ミラーニューロン 思考のトレース


知の整理術 メソッド

・書く 言語化する

・脳内記憶の拡張

・周辺の情報、石川啄木は借金だらけのダメ人間、微分積分は大砲の弾道計算のために発達した

・無味乾燥の情報を自分なりの思想や思い入れや想いを絡ませながら血肉化する


インプット

・興味を持つ>読む>覚える

・面白がってやっている人、そのジャンルのマンガ

・知識は正確よりも曖昧が役に立つ

・初心者向けの本・ネット > 専門家のエッセ

・脳へのインプットを繰り返す

・ノートを読み返す

・情報 ストック・フロー、ブログ・twitter、メモ・ノート


・ぼーっとする


・散歩する


・自然に目に入るようにする。強制的にリマインドされる。


・お気に入りのキュレーター


・本のエッセンスのみ


・読書メモ

★ おもしろくなかった > タイトルだけ記録

★★ 何カ所かおもしろかった >引用

★★★ おもしろい > メモブログ

★★★★ この本すごい > 文章ブログ 紹介


・本は自分を写す鏡


・図書館で借りる、中古で買う、売ることを前提に新品で買う、新品で買って書き殴る


アウトプット

・軽い ネット 重い ノート

・写経

・教える

・ノート アイデアだし、構成を考える、実装する

・一人ブレスト

・パクる、形ではなく気持ちをマネる

加工の基礎知識 〜企画、設計〜

・加工の種類。主に、旋削加工、フライス加工、穴あけ加工、熱処理、研削加工、表面処理、放電加工、レーザビーム加工、切断加工、溶接、接着等がある。


・設計書とは、仕様書、ポンチ絵(構想図)、計画図をまとめたもの。


・仕様書では、機械の性能や寸法、重量など定量的に表せるものを記載する。


・ポンチ絵では、機能構成図、機構線図、力線図を記載する。製品の構造を描く。


・計画図では形状・寸法を決めていく。形状や寸法は、強度は保たれているか?また製作・加工できるか?組立・分解できるか?等の諸条件で決まる。


・製品が使用される環境は?耐食性、耐磨耗性



仕事の段階

企画 ・・・仕様、工程、組織、予算

ポンチ絵 ・・・機能、機構、動力源、動力の伝達、制度、測定

計画図 ・・・寸法(公差、はめあい、幾何精度)、材質、加工法(角・隅の処理、熱処理、表面処理)、組立方法

部品図・部品表

組立図・作業指示書


・バイト、磨耗、切りくず、切削液


・工作機械。ワーク、機構線図、切削力、真直度、直角度、検収、振動、ひびり、熱膨張、慣らし運転


・工具。耐摩耗性、高温、靱性(粘り強さ)、ハイス、高速度工具鋼、超硬、アルミにはダイアモンド工具


・加工誤差。振動、反力、熱、摩耗


・加工後の表面粗さ。切削工具と放電加工Ra1.6。研削Ra0.8。研磨Ra0.2。

年金

親戚が集まって、年金の話になる。

 

65歳から受け取る計画でも、61歳でもらえる一時金(企業年金?)がある。それは65歳からもらえるやつに影響しない。

しかし大概の人は、もらい損ねるらしい。

(↑自分は調べもしていないので真偽は不明)

 

受け取ったばかりに受給額が下がったりすることも、、、、

 

 

話を聞いていて、わかったことは、年金制度は相当ややこしく作られている。

まるで、もらい損ねるように仕向けているかのような、、、

 

制度をうまく使いこなせなかった人が多いような印象。

(話し手が悔しがっているから、悪く聞こえるのかもしれないけど)

 

 

事前に自分で調べておかなねれば、国に預けたお金を返してもらえないかも、、、

 

 

JUGEMテーマ:年金

通信費

auのスマホを所有。

平日はネットをほとんどしないので、家だと光回線に入らず。

 

スマホだけで余裕しょ!!っと思っていたが、、、

家で予想以上にyoutubeを見る。

テレビ番組が楽しくなくて、youtubeをだらだらと。

 

・スマホ ピタットプランスーパーカケホ

 月10900円〜12000円(データ量)

 

パソコンのほうが、買い物も動画も楽だし、

光回線に入ったほうが、よさげだ。。。

 

・ピタットプランN 1980円 + 5600円 = 7580円

 

めんどくさいが、auショップに行くか、、、

 

 

JUGEMテーマ:スマホ

日本の論点 2019-20 大前研一

・地方創生
中央政府からミルクを与えられるのではなく、自分で栄養を吸収して、発展、成長していくのだ。


・人口オーナス


・緊縮財政、均衡財政


・憲法改正 加憲ではなく創憲


・医療制度改革


・世界からヒト・モノ・カネを呼び込むための仕掛けづくり
世界中からヒト、モノ、カネを呼び込んで繁栄していくためには、原資となるヒト、モノ、カネ、すなわち人材、基幹産業、先端技術、エネルギーや観光資源、そしてカネのなる木(投資機会)がそろった相応の受け皿が必要だ。中国でもインドでも繁栄しているのは巨大な受け皿をもったエリアであって、例外なく人口1000万人規模であるか、もしくは1000万人規模に近づいている。1000万人というのはヨーロッパでは中堅国の人口規模に相当する。世界からヒト・モノ・カネを呼び込むための仕掛けづくりにはそれくらいの規模が必要で、人口3万人規模の”地方創生”プランでは世界から見向きもされないのだ。


・道州制


・小選挙区制、中選挙区制


・アート、グルメ、クラシック


・語学やプログラミング言語など学ばなければならないことが山ほどあって、若いうちはそっちを優先せざるをえないだろう。だが、会社や組織での地位が上に行けば行くほど、国際的な舞台で活躍すればするほど、教養を含めた人間の総合力が問われ、大きな力を発揮する。そういう認識をもっておくことはビジネスマンにとって大切だと思う。


・休暇意識 1、2日 → 1週間、1か月
アメリカ→トレーラーハウスで全米、カナダのプリンスエドワード島(赤毛のアンの島)
イギリス→クロアチアの海岸線にある別荘
フィンランド→森 バンガロー ログハウス


・デジタルコンチネント 21世紀型の経済


・アベノミクスは19世紀の経済学だし、安倍政権は21世紀経済というものをまったく洞察できていない。働く人間が21世紀の経済に頭がついていくようにするには、社内教育ではなくリカレント教育を行うことが必要不可欠だ。


・需要不足と供給過剰によって需給バランスが広がるから、モノ余りになって実体経済の動きは鈍くなる。カネ余りで投資先をもとめて加熱する金融経済とますます乖離していく。


・職住一体の都市形成 働く 飲む 住む


・自動車EVシフト CASE conectivity autonomous shared electric


・アパレル カジュアル デート着の消失 Eコマース メルカリ 月額性 サブスクリプション 


・STEM教育 science technology engieering mathmatics 深圳 海亀派


・韓国 北朝鮮と統合すれば「核兵器」がもてる。人口も倍になり、将来的な成長も見込める。


・在韓米軍が撤退すれば、対中国、ロシア、北朝鮮に対する日米防衛ラインは佐世保ー沖縄ラインとなる。国防上、きわめて深刻な問題となる。


・個人情報データ

『幸福のための資本論』橘玲

・幸福とは、「自由」、「自己実現」、「人間関係」のいずれかが満たされている状態のことを言う

 
・人は遺伝的にネガティブ傾向のほうが強い。


・競争社会において、「精神障害」、「発達障害」、「知的障害」はタブーである。


・【自由】自由を得るには、お金が必要である。


・人生はさまざまな場面で厳しい選択を迫られることがある。その場合、たいていは「自由」ではなく「隷属」を選択しなければならない。なぜならば国家や社会、会社や(専業主婦の妻であるならば)夫に依存してしまっているからだ。


・【対策1】ゆたかな社会ならば、勤勉と倹約でお金持ちになることができる。
・【対策2】個人と法人を使い分けて、節税する。


・年収800万円(世帯年収1500万円)までは幸福度が増す。それを超えるあたりから、幸福の限界効用はゼロに近づく。


・金融資産が1億円までは、資産が増えるほど幸福度が増す。


・資本主義が欲望によって自己増殖していくシステムであれば、株式投資や債券の値段は上がっていくことになる。


・【倹約の楽しみ方】節約やダイエットが面白いのは、結果として数字が表れるから。


・【倹約のこつ】同じ結果を得られれば安ければ安いほどいい。ポイント、マイレージ、手数料などの常に「コスパ」に注視する。経済合理的に行動する。


・【自己実現】教育現場は、自己実現という特異な価値観を若者に刷り込む役割を果たしている。


・共同幻想になれば価値観は現実化する。


・仕事はクリエイター、スペシャリスト、マックジョブに分かれる。


・役者は拡張性のない仕事である。映画は拡張性のある仕事である。


・サラリーマンは、メンバーシップ型の職業である。


・伽藍とバザール。伽藍のような閉鎖空間、ムラ社会では悪評を避け、相手に悪評を押し付ける「ネガティブゲーム」に陥りやすい。


・ネガティブゲームの場では、できるだけ目立たずに、匿名性の鎧を身にまとって、悪評をさけることである。


・バザールのような開放的な空間では、評判のよいことをたくさんする「ポジティブゲーム」になりやすい。


・ポジティブゲームでは、できるだけ目立って、たくさんの良い評判を獲得することである。


・「学習性無気力感」の実験では監禁された状態で長期にわたって苦痛にさらされると、こころに重大な損傷を被ることを示している。


・閉鎖系の伽藍空間である日本の会社は、仕事に躓いたり、周囲との人間関係で折り合えなくなると、「学習性無気力感」の状態に陥りやすい。


・知識社会が進むにしたがって、仕事に要求されるプロフェッショナルのレベルは上がっていきます。しかし、日本の会社はゼネラリストで構成されており、プロフェッショナルを養成する仕組みを持っていません。こうしてグローバル化やテクノロジーの進歩など仕事環境が大きく変わると、それに必要な知識や技能が欠落した人材が大量に生まれ、仕事の現場が大混乱することになります。


・不適材不適所の現場の混乱を長時間労働のマンパワーで切り抜けようとし、パワハラとセクハラが蔓延することになる。


・スペシャリストとバックオフィスが混同している。


・手厚い解雇規制で保護され、成果主義で給料が増えるなんて、サラリーマンは身分としてはいい待遇にある。

 

自己実現するためには、、、
・個人学習、ゾウリムシ
・弱者の戦略、土俵が小さい、複雑である、変化が激しい
・取引コスト→内作か外注か?取り入れるか買うか?

 

社会資本
・愛情空間、友情空間、貨幣空間
・友達は平等体験から生まれる
・個人、間人


・日本の社会は、ムラ的な間人主義に最適化され、そこから「やりがい」を生み出すようになっています。会社に滅私奉公することを「幸福」と感じるサラリーマンの感覚はその典型です。しかしリベラル化する世界でこうした「間人の幸福」は古臭いものになり、自己決定権を持つ「個人の幸福」へと変りました。それにもかかわらず、日本の社会は複雑なコンテキストで覆われたベタな政治空間のままで、「自由」な人生を生きることはできず、旧態依然とした「間人の幸福=伽藍のなかでのやりがい」を強要されています。これがサラリーマンが会社を増悪する理由であり、現代社会の「閉塞感」の正体なのです。


・うつとセロトニン
・トリックスター
・「ほんとうの自分」とは幼いころに友達グループの中で選び取った「役割=キャラ」である。
 

一瞬でYESを引き出す 心理戦略。


・<購入したきっかけ>人を見る目がないので、それを養いたいと思った。

 

・観察する〜外見や言葉に現れたもののなかから手掛かりを探る。
目元、口元、バック

 

・分析する〜手掛かりをもとに心理を読み解く
よく使うフレーズは?

 

・信頼させる〜相手を理解し、信頼を勝ち取る
あなただから打ち明ける、ミラーリング

 

・誘導する〜暗示を入れ、人を動かす
相手に伝えたい情報を強調したり、変化させたりする
お買い上げ、買ってよかった、購入、買った、2代台買い
決まり切った、決定的な、決め台詞、お決まり

 

・相手との距離感
・交渉はランチのあとがすすめやすい
・コーヒーを飲むと説得されやすくなる
・水を飲むと暗示にかかりやすい
・暑いと攻撃性が増す
・気分がいいと協力的になる

・むかついたら、紙に書きなぐる
・自分よりいいところを3つ探す

・成功、成長、ポジティブなことを日記に残す

建築家の斬新な建築について

JUGEMテーマ:日記・一般

 

なんで建築家って奇抜な設計をするのか?

 

19世紀の放牧的な社会、自動車なんて十分に普及していない時代だ。

レンガ造りの街が当たり前の社会に、突如現れた新しい工法で作り上げた近代的な建築(鉄のらせん状の建築やガラス張りのビル)は、まるでSFの世界。未来感がものすごいかった。