純粋な関心

ティピーは心理学の本を読んだことがなく、また、その必要もなかった。相手の関心を引こうとするよりも、相手に純粋に関心を寄せるほうが、はるかに多くの知恵が得られるということをティピーは、不思議な能力から、知っていたのだ。くりかえして言うが、友を得るもには、相手の関心を引こうとするよりも、相手の純粋な関心を寄せることだ。

―『人を動かす』D・カーネギー

ティピーとはワンちゃんのこと(つまり犬)。

トーク苦手

ブルーだ。朝からブルー。

仕事が手詰まり。どうしよう。打破せねば。だけど打破する気力が足りない。

会話は難しい。とくに商談。興味がないお客さんに勧めるにも忍耐力がいる。

最近、必要かなと思ったのは「度胸」。

営業マンは、自分の立場を下にしたら負け。常に会話をリードしなくちゃいけない。さらにお客さんがそれに乗ってくれないと成り立たない。

とにかく、「話すのに勇気がいること」を「普通にしゃべれる」ようにならなくちゃならない。

もともと面と向かって話すのは苦手だ。

いままでの学生生活を振り返っても、クラスの中枢にいたというよりかは、どっちかといったらアウトロー気味だったし。

お客さんに気に入ってもらえるには、とあれこれ頭で考えているんだけど、
やっぱり過去に、人付き合いがうまかった経験がないから、けっこうシュミレーションだと性格が変っていたりする。

この性格じゃやっていけないと心のどこかで思っている。
だから、この年齢(24)になって性格を変えるようにするかな。
って難しいよww形成されてしまった人格を改めるって相当努力が必要ジャン。
「度胸」をつけるって頭では分かってるんだけど、実際、やり通せるかはわからん。

しかし、これでメシを食べてくためにも、やっぱり必要だ。
トークを身につけなくては、そのためにも度胸は必要。



知人様が見てるブログなので、あんましこういうものは書きたくないんだけど、
(現に昨日の日記で“知人様が見てるからちゃんとしたこと書こう”と公言しているんだけど、いきなり裏切ってしまった形になる)

書けばすっきりするんで書いてます。自己満足重視。紙に書くのと違って、ネットだから繋がっている感はある。「上に書いたグチ」と「ネットの繋がっている感」はどういうつながりがあるかは分からんが、ネットに書いたほうがすっきりするんで書いてるんです。

自分がどんどんクレイジーになっていく。

FPの参考書が3周目に突入

朝9時起床。身支度整える。部屋の片付けとダイニングキッチンをの掃除。家事の手伝いという形で親孝行している。偉いでしょ。

午前10時に「FPの勉強」を開始。3周目に突入。2周目は問題だけを解いて、間違ったところをチェックして終わっていた。3周目では、間違ったところやわからないところがあると、参考書を丁寧に読み返すことにしているので、だから必然的に2周目よりもペースが落ちる。けどいいペース。このままいけば試験に十分に間に合う。

途中、ダンベル体操をやったり、FPの参考書を音読しながらぐるぐると家中を回ったりする。動くと覚えやすい気がする。運動にもなるしこれはいい。頭が鈍ってきたら、ダンベルを持ち上げて活を入れる。

午後2時。スーツをクリーニングへ出す。

午後3時。図書館で日経新聞を読む。偶然、友達に会う。

午後5時。友達の提案で小山遊園地跡地(ショッピングモールらしきもの)を見に行く。小山遊園地がショッピングモール(らしきもの)になっいるだなんて知らなかった。友達は事情通だ。街のことに詳しい。見習わないと。

小山遊園地のなごりなのかメリーゴーランドがあった。乗らなかったけど。

この友達にナポリタンニュースの感想を貰ったので参考にしようと思う。知人様も見ているサイトなので誤解されることがないように気をつけなくちゃと思う。

会社の飲み会

久しぶりに大量のお酒を飲む。口が開く。いけない、抑えなくちゃ。

べろんべろんに酔う。
ヒトの裏の顔がわかる。
酒と噂話。
知りたくないことを知る。
ヒトの裏の顔、やだな。


うえー酔って欲望が抑えきれない。どうしてこんなに惨めな気分。助けてほしい。

愛が欲しい。ラブラブしたい。

田舎を飛び出したい。長男の掟を破ってしまいたい。

仕事がうまくいきたい。もっと上手くヒトと接したい。そして俺を信じてほしい。ボクに任せてほしい。

ずっと幻想の中に生きている。ボクは現実をみていない。何も達成してない。不満だらけの毎日をすごしてる。このままじゃいけない。仕事やめたい。新しい土地でスタートを切りたい。

あぁ欲望が次から次へと出てくる。誰かボクを助けて。

(なんちて)

かすみがかった風景

200708231443000.jpg

高いところから景色を眺めるって最高ですね。
いつも気落ちしたときはここに行きます。
「高いところから景色を眺めると元気になります」
一種の暗示に近いのですが、そういうことにしておけば、気分転換も早い。
さて、仕事頑張るぞ。

火星人+

細木カズコの大予言を読む。

ちなみに、このみたは「火星人+」。

2008年10月から何やらツキが回ってきそう。
・理想的な女性が現れる。<重要!!
・友人が増え、やがて彼らはビジネス仲間になる。

でも大殺界
・職場で濡れ衣を着せられるので注意せよ。

占いは好きなほうです。真剣に信じているかと言われると、う〜んと考えてしまうけど、信じたいですね。「こうなったらいいなぁ」って感じです。たぶんみんなも同じ考え方をしていると思うのですが。。。。

非常に曖昧に書かれているので、「自分に当てはめやすい」のがいいですよね。
だから占いは好きなほうです。

自分を綺麗に着飾るために。。。

土日のフットサルが突如中止になった。
ごめん、ちょっと事実を曲げている。
本当は中止になったんじゃなくて、天気が悪かったから(僕が自発的に)行かなかったんだ。

それにやることがあった。
9月9日のFP2級の試験に向けての勉強。
平日はほとんど勉強する時間が取れないし、取れても、やる気がないのでやらない。
だから休日以外に勉強する時間がないので土日に集中的に勉強。

今週の土日をフルに使って勉強。
「勉強:休憩=4:6」というほとんど休憩がメインの勉強だったけど、「所得税」「不動産」の分野を終わらせた。

2周目だぜ〜イェー(小島よしお風に)



なんて充実した一日
、、、、ではないのだろう。
自宅に籠城(ロウジョウ)していて、楽しいわけがありません。

人嫌いだけど、やっぱり人と接していないとやっぱり寂しいワン。


しかーーーし、FP2級の試験は、俺の人生に箔(ハク)が付くか付かないかの重大な問題である


ここでFP2級をとれば、
ビキニのお姉さん(24)
  「きゃー★あの人FP2級の取得者よ〜抱いて〜」

ビキニギャル(23)
  「ずっとずっと好きでした。チューして下さい。結婚して下さい」









(↑死にたい、と思った)




ともかく、ある程度(邪道だけど)自分にブランドつけなきゃ、と思うのが仕事をやっていて思うこと。

「誠意を見せればいいじゃない」って反論が飛び出しそうだけど、その誠意を分かってもらうにはえらく長い時間が必要なのよ。だいたいの人は聞く耳をもたないからね。「おっ?」って言ってもらえる何か(話を聞いてもらえるきっかけ)が必要だと思うわけ。それにはやっぱり「目に見える何か」が必要だと思うんだ。

そんなわけで、FP2級を取ろうとしているわけです。
自分を綺麗に着飾るために。。。
もちろん、そういった肩書きは「きっかけ」にすぎないから、あとは自分の熱意とか能力。お客さんをがっかりさせないためにも仕事を一生懸命マスターしなくちゃ。


勉強をしていて良かった点。精神力がアップしたこと。物事に流されずに冷静に判断できる点が以外にやっていて、よかったーと思えた。

ひとをすきになる

正当化しまっくって生きてやろうよ』 by 白夜行の中のセリフ(確かこんなんだった)

金曜日の社内は希望に満ちている。なぜなら次の日は土日で休みだからだ。休日がしっかりしている会社に感謝しなくてはならない。(しかも夏休みまで用意してもらえているのだから!!)

さておき、社内ではアフターの話題がチラホラとでる。

ある男同僚はデートについて語ったり、ある女先輩は彼氏が車で迎えに来ている。そして男後輩は彼女の写真をもっているわけよ。

もうね、そんなラブラブなところをみると、正直うらやましーーーーー!!!ってなってしまうわけよ。ジェラシー爆発www

みんなラブに一生懸命なんだなーーー。
そんなおれっちは干物男(by「ホタルノヒカリ」)でぇす。<男が書くとキモイな

ラブしてぇぇぇっぇ!!!!!!!!!!!!
愛が欲しい。愛が欲しい。愛がほしーーーーーーーーーーーーー!!!!!!
(と言いながら、男だらけのフットサルに顔を出す)


けど自分には壁があって、それは女男に限らず、人が苦手であるということである。
それと自分をよく表現できない。まったく主張がない、自分の考えもない。
「こんなものか」と何も疑問を持たずに受け入れてしまうタイプ。
よって昔から会話ベタだ。だって話すことなんてないのだから。


彼女が欲しいといっている前に人嫌いな性格を直さないと。。。。
人生においても成功させたたいしね。
成功の最低条件は「ひとをすきになる」ってことだと思うから。

よっしゃーーー!!!!
がんばるぞ!!!
イケイケ・ゴーゴー・ジャンプ!!!!!!

出社拒否

「今日は会社はお休み?」大島さんが尋ねる。
「お休みじゃないけれど、自分で少しのあいだ休むことにしたんです」と僕は注意深く言葉を選んで答える。
「出社拒否」と彼は言う。
「たぶん」
大島さんは興味深そうに僕の顔を見る。「たぶん?」
「拒否しているんじゃなく、ただ行かないことにきめただけだから」と僕は言う。
「ただ穏やかに、自発的に、会社に行くことを停止しただけ?」
僕はただうなずく。なんて返事をすればいいのか、僕には思いつかない。





いかほ



はわい







僕は自由なんだ、と思う。目を閉じて、自分が自由であることについてひとしきり考える。でも自由であるというのがどういうことなのか、僕にはまだうまく理解することができない。今のところわかるのは、僕がひとりぼっちだということだけだ。ひとりぼっちで知らない土地にいる。磁石も地図もなくしてしまった孤独な探険家のように。それが自由であることの意味なのだろうか?それさえもよくわからない。僕はそのことについて考えることをやめる。




(この物語はフィクションよwww)

たばこの歌

最近の朝の通勤時の曲はglobe。TK(小室哲也)の歌詞が奥深いっていうか、言葉が気持ちいい。精神世界の深いひとだなといつも感心しながら聴いています。ひとりの世界に浸るにはぴったりです。友達を乗せたとき聴くとしんみりしちゃいそう。

Anytime smokin' cigarette

本格的な夏が到来して外の営業がものすごくつらい。暑いの一言に尽きる。汗びっちゃ。そして太陽の紫外線が異様に強い。ピリピリしてます。日焼け。世界中でやたら開発がすすんでいるせいか紫外線が強く感じる。皮膚がんになったらどうしよう。男ながらUVケア(紫外線対策)しておかないと。カワチ薬品(地元のドラッグストア)で購入しよう。

お盆でも会社があります。お盆なので営業しづらいです。仕事がなくピリピリしています。証券マンに限らず、営業マンは仕事をとってこなくちゃならないんで、仕事がないとものすごいプレッシャーになるんです。職場でやることがないのは、かなりストレスになる。まぁ仕事がからと言って死ぬわけじゃないんで何とかなることを信じて気楽に行くしかないですね。

今週からFPの勉強に本腰を入れてます。そして今日、問題集を一通り終わらせました。やった!!あとはもう2周くらい問題集をやり通して完璧に仕上げていくだけ。がんばるぞー。